メスを使わず脂肪除去

メリットを考える

大きいジーパン

美容外科で受けることが可能な痩身手術の中に、脂肪吸引があります。脂肪吸引は美容外科の手術の中でも、多くの人が知っている手術です。脂肪細胞に直接働きかけるため、リバウンドをすることがなく減量することが可能です。この脂肪吸引と脂肪溶解注射には、大きな違いがあります。それは、メスも用いるということです。メスを用いる為、脂肪吸引には麻酔が必要不可欠です。手術後に、内出血を引き起こす可能性もあります。

脂肪溶解注射は、脂肪吸引と違いメスを用いることはありません。使用する注射針はとても小さく、ほとんど痛みを感じる事がありません。また、他の美容外科手術のようにダウンタイムの期間がなく、術後はすぐに普段通りの生活が送れます。手術時間も、一般的に10分程度しか掛かりません。時間が取れない人でも気軽に受けることが可能です。

脂肪溶解注射は、麻酔を使用しない為、身体に負担がかかりません。また、これに配合されている成分も、大豆タンパク質が由来のものなので身体への悪影響が少ないということがわかっています。いくつかある痩身手術の中でも、気軽に受けることが可能な手術なので、多くの人が脂肪溶解注射を受けています。また、難しいを言われている部分痩せも期待出来るので、ダイエットに悩む人に最適な手術と言えます。身体や心に負担がかからない脂肪溶解注射を受けて、肥満解消を図りましょう。

従来、ダイエットを行う為には大変な努力をしなければいけませんでした。しかし今では簡単に脂肪を減らす事が出来る様になっています。その方法の一つが脂肪溶解注射です。これは体の贅肉が気になる部分に注射を打つだけの方法です。溶けた脂肪は尿として排出されます。また副作用が少なく、リバウンドの心配も少ないと言う点からも多くの人から注目を集めています。脂肪溶解注射にかかる費用はどこの病院で受けるかによっても違ってきますが、1万円程度で行う事が出来る所も珍しくありません。そのため、以前に比べると脂肪溶解注射を受ける人は増えてきています。現在は地域によってはまだ注射を行っている病院がそれほど多くはありませんが、今後は次第に増えて行く事が予想されます。

ここ数年で注目を集めている脂肪溶解注射ですが、その歴史は実は古く1952年に開発されています。開発したのはフランス人の医師ミシュエル・ピストールです。元々は体の機能を整える方法として開発されましたが、次第に他の薬品を調合する事によって体脂肪を溶解する効果が期待できると言う事が分かりました。それ以来、次第に脂肪溶解注射を受ける事が出来る病院が増えてきています。最初はフランスで開発された物ですが、次第にアメリカやアジアでも広まって行きました。現在日本では東京や大阪などの都市部だけでなく、他の地方都市のクリニックでもその注射を行っている病院が増えてきています。その為、以前に比べると脂肪溶解注射はポピュラーな物となってきています。